2月9日

スキー二日目。

ニレが「行ってみる」というので、ゴンドラで頂上まで登り、3人で5.5キロの滑走に挑戦。

途中、西森ハウスでの休憩を挟んで、見事下まで滑りきった。

まだ滑り足らずに、さらにリフト一本滑ってから昼食。

午後に30分ほどそり遊びをしてから、安比を後にする。

夜の飛行機で、芦屋に戻った。大雪だったので欠航の心配があったのだが、何とか飛んでよかった。

安比高原は懐かしいスキー場である。オープンしたのは、私が小学校4年生くらいのときだったろうか。かつてと比べると、来場者は随分すくないようだが、コースが長くて、バリエーションも豊富で、良いスキー場だ。

スキーの醍醐味は、何と言っても長い距離をすべることだと思う。