1月5日

新年会からの流れで、終日蟄居。

酒の常飲をやめることにした。

さて、常飲とは、どのようなことを指すのか。

週に7日あるうち、4日飲んだら常飲だろう。3日までだったら機会飲酒ということになる。

家での飲酒は週に1,2回。基本飲むのはお外で。合計で週に3回まで。というところがよいのではないだろうか。と、いうことは…

月、火、水、木と我慢して、スペシャルな金、土、日を満喫するということになるのか。でも、わりと貧乏性の私は、土曜日あたりで、我慢の1日をいれて、翌週にキャリーオーバー…とか、そんなこと言っているうちに、なし崩しになってしまうようで怖い。

と、いうことで、常飲を慎むということは、「キャリーオーバー無し」であるということをここに高らかに宣言したい。

しかし同時に、月曜日が祝日の場合は、特例として「キャリーオーバーあり」ということも宣言しておきたい。

いずれにしても、10時就寝、朝4時起きの生活はキープである。本当は9時30分に寝たいところである。

水曜日は、稽古があるので難しいのだが。