11月3日

推薦入試2日目。

エボラ出血熱について学生に講義をしたついでに、映画『アウトブレイク』を観る。

以前、飛行機の中で一度観たことがあったのだが、ストーリーは完全に忘れていた。

正義に燃える感染症医、ダニエルズ大佐(ダスティン・ホフマン)は、かなりクレイジーな医者なのだが、非常時というのは、こういうクレイジーな人間が必要ということを示唆した映画と考えられなくもない。