3月17日

幼稚園送りのあと、能の稽古。

ウエハラさんの「吉野天人」の装束付けのお手伝いをする。

その後、産業医。空いている時間で、「大川君」の続きを書く。

幼稚園へ迎えに行き、スーパーで買い物。

プレッツェル(←ローマ字入力では入れることができなかった。ATOKに助けられた。)を売っていた。

2011年まで毎年参加していたアメリカ血液学会では、ポスターセッションの会場で、ビールやプレッツェル、簡単なオードブルなどが並んでいた。粗目の塩がトッピングしてあるプレッツェルに大量のマスタードを塗って食べるのを、私は楽しみにしていた。

特別うまいと言うわけでは無いのだけれど、何となくそれが毎年の習慣だったのである。

芦屋の軟弱系スーパーで、子供の顔くらいの大きさがあるハート型のプレッツェルが1個267円。迷ったが、一個だけ購入。なぜか肉売り場で、こちらに合わせるのに丁度良いマスタードの瓶詰めを安売りしていたので(298円)、これも購入。

スモークサーモン、豚肉の味噌漬け、空豆、ご飯、おまけにプレッツェルという夕食。

風呂に入るところで、ゼミ旅行からイイダが帰宅。

酒は、夕食時にビールと日本酒を少し。

今度の日曜日に行われる管理栄養士国家試験について、ある業者から解答速報作成の依頼を受けた。合気道の行事と重なるが、対応しなければならないだろう。